アラスカ産天然ガス調達へ 経産省、割安でリスク低く

2014/9/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は2023年にも本格生産が始まる米アラスカ州北部産の天然ガス調達に乗り出す。同州の天然資源省と8日に覚書を交わし、日本の電力・ガス会社が価格や転売規制などの条件面で交渉を有利に進められるよう求める。地政学リスクが低く、価格面でも割安なアラスカ産の購入を促し、調達先の分散や費用の削減につなげる。

今回、覚書を交わすのは米エクソンモービル、英BPなどが現在開発中で23~24年をめどに生産を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]