/

NHK国際放送6カ国語に 高市総務相、仏・中国語など追加

高市早苗総務相は5日の日本経済新聞などのインタビューで、現在は英語しかないNHKの国際放送をフランス語や中国語も含めた6カ国語に広げる考えを示した。国からNHKへの交付金を増やし、翻訳代などを補助することを検討する。日本の食文化や観光地を知ってもらい、訪日外国人の増加につなげる。また靖国神社への参拝は今後も続けると明言した。

外国人向けの国際放送「NHKワールドTV」は欧米やアジアで見られるが英語放送しかない。高市氏は「少なくとも国連公用語で放送してほしい」と述べ、英仏中にロシア、アラビア、スペインを加えた公用6カ国語に広げるべきだと話した。NHKの2014年度のテレビ国際放送の費用は約150億円で、うち約25億円を国の交付金で賄っている。高市氏は「できる支援を議論する」と述べ、15年度以降の交付金の増額を検討する。

同日の記者会見では15年度税制改正に触れ、企業が黒字か赤字かにかかわらず払う「外形標準課税の拡大を前向きに考えていく」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン