電事連と新電力、温暖化対策の新行動計画策定へ

2015/3/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気事業連合会と新電力(特定規模電気事業者)19社は、二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガスの削減に向けた新たな行動計画をつくる。政府が進めている2030年時点の望ましい電源構成(ベストミックス)の議論などを踏まえ、具体的な削減目標を設ける。政府は温暖化対策を進める上で前提とする。

電事連と新電力の代表者が5日、経済産業省と環境省が開いた有識者会合で方針を明かした。月内に協議を始めるという。

電事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]