銀行の新資本規制、枠組み最終合意を延期 バーゼル委

2017/1/5 1:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

主要国の銀行監督当局でつくるバーゼル銀行監督委員会は3日、新しい資本規制の枠組みについての最終合意を延期すると発表した。今月初旬に中央銀行総裁と銀行監督当局トップが集まって合意する計画だったが、事務レベルで各国間の主張の溝が埋まらなかった。最終合意は「近い将来」としているが、具体的な延期時期は未定だ。

新しい自己資本規制は「バーゼル3」と呼ばれ、国際的に活動する銀行が対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]