振興銀破綻4年 初のペイオフ終結へ 弁済率58%

2014/9/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本初のペイオフ(預金の払戻保証額を元本千万円とその利息までとする措置)が事実上終結する。2010年に経営破綻した日本振興銀行の大口預金者に対し、預金保険機構が9月末から弁済を始める。弁済率は累計で58%に上り、当初想定を2倍以上上回り、金額は1人平均180万円前後となる。破綻から4年を経て清算にメドがつく形だ。

国が保護する1千万円を超える預金を振興銀に預けていた人は3423人。1000万円を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]