/

この記事は会員限定です

関電、美浜2基の廃炉検討 政府が老朽原発の整理計画

原発選別、再稼働地ならし 各社に要請

[有料会員限定]

関西電力は美浜原子力発電所1、2号機(福井県)の廃炉の検討に入った。福井県や美浜町とも廃炉に向けた具体的な協議に入る。政府は電力各社に老朽原発の整理計画を年内に決めるよう求める。設備が古く安全確保が難しい老朽原発の廃炉を進め、比較的新しい原発の再稼働に理解を得たい考えだ。

関電首脳は4日までに「廃炉も選択肢の一つ。地元と調整しながら進めなければならない」と語った。

関電の美浜1号機は1970年、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン