/

この記事は会員限定です

食品廃棄、気象予測で削減 ローソンなどと実証実験

[有料会員限定]

経済産業省は大手コンビニエンスストアのローソンミツカンなどと共同で、天気に基づく需要予測を生産や物流の計画に迅速に反映させて食品の廃棄を大きく減らす実証実験を始める。天候によって需要が激しく動く飲料などはコンビニの需要をリアルタイムで共有すれば生産や在庫を最小限に抑えられる、食品の廃棄を最大3~4割減らせるとみている。

2015年度中にメーカーからミツカンと豆腐製造大手の相模屋食料(前橋市)、卸売業者の国分、ロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン