/

この記事は会員限定です

小渕経産相、原発再稼働へ行脚 川内など検討

[有料会員限定]

第2次安倍改造内閣でエネルギー政策を所管する経済産業相には40歳の小渕優子氏が起用された。すぐに直面するのは原子力発電所の再稼働だ。立地自治体からは政府の関与強化を求める声が上がっている。小渕氏は3日夜の記者会見で、九州電力川内原発がある鹿児島県への訪問を検討する意向を示した。地元同意取り付けへの手腕が問われそうだ。

今冬の再稼働を目指す川内原発では、地元自治体から再稼働への同意を得る手続きが本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン