/

銀行カードローン、初の全国一斉ホットライン 実態明らかに

全国約50の弁護士会は1日、銀行カードローンの多重債務者むけに全国一斉ホットラインを設け、相談を受け付けた。351件の相談が寄せられた。クレジットカードの借り入れができなくなっても銀行ローンで借りられてしまう。今回相談にあたった林勘市法律事務所の釜谷理恵弁護士は「銀行カードローンが多重債務の原因になりつつある」と話す。

金融庁によると、直近3年間で貸金業者や銀行から借り入れをした人のうち、借入残高が年収の3分の1を超えている人は全体の2割以上。銀行カードローンは年収の3分の1超の融資を禁じる総量規制の適用外だが、銀行に自主的な規制を求める声が高まっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン