/

この記事は会員限定です

中国要人の今秋訪日で調整、首脳会談の実現探る

[有料会員限定]

【北京=島田学】中国の民間友好団体、中国人民対外友好協会の李小林会長が、11月に北京で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)前に訪日する方向で調整していることが25日分かった。李氏は習近平国家主席に近いとされる。APECでの日中首脳会談の実現可能性を探る狙いもありそうだ。

李氏は10月上旬に東京で開く日中友好をテーマにした舞台劇公演に出席する見通しだ。これに先立ち9月下旬にも大阪で開く日中友好...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン