「プーチン大統領訪日に変更なし」 ロシア外相

2014/8/25付
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=共同】ロシアのラブロフ外相は25日の記者会見で、日本と合意した今秋のプーチン大統領訪日について、ウクライナ情勢と日ロ関係とは無関係と強調、現段階で変更の決定はないとの見解を示した。

外相は、大統領の訪日について「日本の招待を受け入れ、日本が時期も確定した」と指摘。その他の情報は全て「根拠がない」と強調した。日本側が招待を撤回しない限り、訪日計画に変更はないとの立場を示唆したとみられる。

外相は日ロ関係について「ウクライナの紛争とは関連付けない。自己完結する関係だ」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]