/

佐賀知事選告示、4新人が届け出 保守分裂の様相

古川康前知事の辞職に伴う佐賀県知事選が25日告示され、元会社役員の飯盛良隆氏(44)、前武雄市長の樋渡啓祐氏(45)=自民、公明推薦、元総務省過疎対策室長の山口祥義氏(49)、九州大学大学院教授の島谷幸宏氏(59)の無所属新人4氏が届け出た。投開票は来年1月11日で異例の年越し選挙となる。

樋渡氏と山口氏の対決が軸で、自民党系の一部の県議や首長、農業団体が山口氏の支援に回るなど保守分裂の様相を呈している。

陸上自衛隊が導入を予定する垂直離着陸輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)への配備計画や、九州電力玄海原子力発電所(玄海町)3、4号機の再稼働などの是非が争点となる。

◇立候補者(届け出順)

飯盛良隆44 元会社役員  無新

樋渡啓祐45 前武雄市長  無新

山口祥義49 元総務省職員 無新

島谷幸宏59 九大院教授  無新

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン