/

シリアでフリー記者・安田純平さん「拘束」 国境なき記者団声明

【カイロ=押野真也】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は23日までに、日本人のフリージャーナリストの安田純平さん(41)がシリアで武装勢力に「拘束された」とする声明を出した。ホームページ上で明らかにしたもので、日本政府に対し、解放に向けてあらゆる手段を尽くすよう求めている。

日本政府関係者は23日夜、日本経済新聞の取材に「事実関係は把握していない」と語った。

RSFによると、武装勢力は期限を切って安田さんの身代金を要求しており、応じられない場合、安田さんは殺害されるか、他の武装勢力に引き渡される恐れがあるとしている。どの武装勢力に拘束されたのかは特定されていない。

安田さんは6月下旬にトルコ経由でシリア入りし、7月中旬に帰国予定だったとされる。安田さんのツイッターは6月20日の書き込みを最後に更新されていない。

安田さんはイラクやシリアで取材経験があり、2004年4月にはイラクで一時、武装勢力に拘束された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン