2019年2月23日(土)

自民が単独過半数に迫る 参院選序盤、民進は議席減
改憲勢力、3分の2うかがう

2016/6/23 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社は7月10日投開票の参院選の序盤情勢を探るため、全国世論調査を実施した。自民党は改選50を上回り、非改選の65とあわせれば単独で過半数(122)となる57議席に迫る勢い。与党など憲法改正に前向きな「改憲勢力」でみても改憲の国会発議に必要な参院3分の2の議席獲得をうかがう。野党第1党の民進党は改選45議席に届くのが難しい情勢だ。

有権者のうち選挙区で3割、比例代表で2割が投票先を決め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報