/

竹島の日、政務官「平和的解決に全力」 式典に出席

「竹島の日」式典であいさつする松本洋平内閣府政務官(22日午後、松江市)=共同

島根県は22日、韓国が実効支配する竹島(同県隠岐の島町)の領土問題解決を訴えるための「竹島の日」式典を松江市で開いた。2月22日を竹島の日と定めた県条例に基づく式典はことしで10回目。政府代表として出席した松本洋平内閣府政務官は「国際法上、わが国固有の領土だ。平和的に解決するため全力で取り組む」と述べた。

政務官の出席は2013年から3年連続。式典には、約500人が参加した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン