竹島の日、政務官「平和的解決に全力」 式典に出席

2015/2/22付
保存
共有
印刷
その他

「竹島の日」式典であいさつする松本洋平内閣府政務官(22日午後、松江市)=共同

「竹島の日」式典であいさつする松本洋平内閣府政務官(22日午後、松江市)=共同

島根県は22日、韓国が実効支配する竹島(同県隠岐の島町)の領土問題解決を訴えるための「竹島の日」式典を松江市で開いた。2月22日を竹島の日と定めた県条例に基づく式典はことしで10回目。政府代表として出席した松本洋平内閣府政務官は「国際法上、わが国固有の領土だ。平和的に解決するため全力で取り組む」と述べた。

政務官の出席は2013年から3年連続。式典には、約500人が参加した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]