中国外務省「強い不満と反対」 防衛白書で談話

2015/7/22付
保存
共有
印刷
その他

【北京=永井央紀】中国外務省は21日夜、日本の防衛白書について「中国の正常な軍事発展と海洋活動に対していわゆる中国脅威論を誇張している。強い不満と断固とした反対を表明する」との談話を発表した。

国防省も「悪意で東シナ海や南シナ海、サイバーなどの問題をあおっている」と批判する声明を発表。「日本は平和路線を歩むと言う一方で、集団的自衛権を解禁した。地域の安定に不利な影響を与える」と主張した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]