首相、政権戦略練り直し 復興優先 衆参同日選見送り

2016/4/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は20日、7月の参院選に合わせて衆院選を実施する衆参同日選を見送る意向を固めた。経済が足踏みするなか、熊本県を中心とする地震が発生し、長期的な対応が迫られるためだ。今国会最大の課題だった環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案や関連法案の成立は参院選後に先送りし、悲願の憲法改正に向けたシナリオも修正を余儀なくされる。首相の政権戦略は練り直しを迫られる。

首相官邸はこれまで同日選への環境…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]