/

この記事は会員限定です

首相、政権戦略練り直し 復興優先 衆参同日選見送り

[有料会員限定]

安倍晋三首相は20日、7月の参院選に合わせて衆院選を実施する衆参同日選を見送る意向を固めた。経済が足踏みするなか、熊本県を中心とする地震が発生し、長期的な対応が迫られるためだ。今国会最大の課題だった環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案や関連法案の成立は参院選後に先送りし、悲願の憲法改正に向けたシナリオも修正を余儀なくされる。首相の政権戦略は練り直しを迫られる。

首相官邸はこれまで同日選への環境整...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン