/

岸田氏「安倍後」に意欲 来年の総裁選には触れず

自民党岸田派(宏池会)会長の岸田文雄外相は19日、安倍晋三首相の後継に意欲を示し、準備を進める考えを表明した。東京都内で開かれた同派パーティーのあいさつで「安倍時代の後はいつか来る。宏池会として今から考えなければならない」と述べた。

ただ来年の党総裁選への対応には触れなかった。派内では首相の連続3選を想定し、次々回総裁選への出馬をにらむべきだとの声が強まっている。パーティーには首相も出席し「もうしばらく我慢して安倍政権を支えてもらいたい」とエールを送った。

岸田氏はあいさつで、宏池会が今年、創立60年だとした上で「寛容と柔軟性のある政治」「国民が安心感を持てる穏やかな政治」を目指すと強調。「政策を実行する力を蓄えなくてはならない。日本の政治のために汗をかく」と訴えた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン