2019年8月17日(土)

釜山の日本総領事館前に徴用工像設置計画 韓国労組

2017/9/18 18:38
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=峯岸博】韓国の労組の中央組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の釜山地域本部は18日の記者会見で、日本の植民地支配下で日本企業に徴用された朝鮮半島出身の労働者像を、来年5月1日に釜山の日本総領事館前に設置する計画を発表した。

ソウルに設置された徴用工像

ソウルに設置された徴用工像

同時期に北朝鮮の首都平壌にも徴用工像を建設する案で北朝鮮の団体と合意しているという。

民主労総などは今年8月にソウルの竜山駅前や仁川の公園に徴用工像を設置した。ソウルの日本大使館前にも別の団体が設置を計画している。

釜山の総領事館前にはすでに市民団体が昨年末に従軍慰安婦を象徴する少女像を設置し、それに反発した日本政府が駐韓大使を一時帰国させるなどした経緯がある。

聯合ニュースによると、総領事館前の道路を管轄する釜山市東区は「(世論を考慮すれば)設置に反対するのも、法律を無視して認めることもできない」と指摘し「労組側の話を聞いたうえで代案を模索したい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。