/

この記事は会員限定です

首相「ロシアとの対話重要」 オバマ氏に伝える

[有料会員限定]

安倍晋三首相が4月28日のオバマ米大統領との会談で、ロシアとの関係を巡り「日本は平和条約交渉もあるので対話は重要だ」との考えを伝えていたことが分かった。プーチン大統領の年内来日実現が念頭にあり、理解を求めたものだ。ウクライナ問題でロシアに圧力を強めたいオバマ氏は慎重な対応を促したとみられる。

首相がロシアとの対話に積極姿勢を示したのは、北方領土問題打開の糸口を探るためだ。プーチン氏が9日にモスク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン