/

この記事は会員限定です

舛添都知事が辞職 21日付、政治資金問題で引責

(更新) [有料会員限定]

東京都の舛添要一知事は15日午前、政治資金流用疑惑などで都政を混乱させた責任を取り、都議会の川井重勇議長に辞職願を提出した。都議会の全会派が舛添氏の不信任決議案を提出、可決が確実になったのを受け、辞任は避けられないと判断した。21日付で辞職する。後任を決める知事選は7月中にも実施する見通しで、与野党は後任候補の擁立作業を急ぐ。

舛添氏は2014年2月の就任から2年4カ月での辞任。都知事は石原慎太郎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1028文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン