トップ > 特集 > 衆院選2014 > 選挙分析 > 記事

「自民1強」揺るがず 公示前議席は下回る
小選挙区減、比例で上積み

2014/12/15 3:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党は全国で支持を広げて「自民1強」の構図を維持した。全国11ブロックの比例代表(定数180)では大勝した2012年の前回衆院選の57議席を11議席上回った。小選挙区(定数295)は議席を減らし、合計で公示前勢力の295議席には届かなかった。保守地盤で強みをみせたが、北海道、愛知、大阪、沖縄では取りこぼしが目立った。

「安定した政治に力を与えてほしい、という訴えには極めて大きな支持があった」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]