2019年2月24日(日)

翁長・那覇市長に知事選出馬を要請 沖縄県議会野党議員ら

2014/8/11付
保存
共有
印刷
その他

社民、共産両党など沖縄県議会野党議員らは11日午前、那覇市内のホテルで翁長雄志・那覇市長と会い、11月16日投開票の沖縄県知事選への出馬を要請した。翁長氏は米軍基地負担の軽減など沖縄が抱える課題を挙げ「力を合わせて一緒に頑張りたい」と答えた。9月上旬にも立候補を正式表明する見通しだ。

翁長氏は元自民党沖縄県連幹事長だが、米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対の考えを示している。県議会野党などで構成する候補者選考委員会は辺野古移設の阻止に向け、保守・革新の枠を超えた結集を目指す。

知事選には現職で3選を目指す仲井真弘多知事や元郵政民営化担当相の下地幹郎氏も出馬を表明している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報