/

「特区で混合介護推進」小池都知事が表明

東京都の小池百合子知事は10日、都内の介護施設を視察後、記者団に「特区制度をフルに生かし、急速に進む高齢化にしっかり対処したい」と述べ、介護保険と保険外サービスを組み合わせる「混合介護」を推進する考えを表明した。

小池知事は「都がいち早く混合介護のモデルを示すということで準備している」と指摘。政府は月内にも開く国家戦略特区区域会議で、都の提案を受けて検討を始め、早ければ年度内にも実現するとみられる。

混合介護の解禁で、保険を使ったサービスと、居室の窓ふきや重い家具の運搬など保険外のサービスを同時に提供することができる。自由な価格設定を認めることで介護職員の賃金改善につながるとされる。

小池知事はこの日、港区と中央区の2施設を視察。介護用ロボットの活用実態などについて説明を受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン