/

韓国大統領「歴史認識の継承を」 戦後70年談話で要求

【ソウル=峯岸博】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は10日の青瓦台(大統領府)での会議で、安倍晋三首相が14日に発表する戦後70年談話について「歴代内閣の歴史認識を確実に継承することをはっきりさせ、わが国をはじめとする周辺国との関係を新たに始めるという成熟した姿勢をみせてほしい」と求めた。

アジア諸国への過去の植民地支配や侵略を認め反省やおわびの文言を盛った1995年の村山富市首相談話などの内容を戦後70年談話でも明確に表明するよう迫ったものだ。朴氏は3日にソウルで会談した民主党の岡田克也代表にも同様の要求を伝えている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン