2019年9月18日(水)

仙台市長選告示、無所属4新人が届け出

2017/7/9 18:34
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う仙台市長選が9日告示され、元衆院議員林宙紀氏(39)、元復興政務官郡和子氏(60)、葬祭業社長菅原裕典氏(57)、元衆院議員大久保三代氏(40)の無所属新人4人が届け出た。投開票は23日。

東日本大震災の復興後を見据えたまちづくりが主な争点。自民党宮城県連と公明党県本部、日本のこころが菅原氏を支持し、民進、社民両党県連が郡氏を支持、共産党県委員会が支援する。与野党対決型の構図で、自民が惨敗した東京都議選の影響も焦点だ。

4人はそれぞれ市中心部で第一声を上げた。菅原氏は、経営者の視点を生かした行政運営に努めると強調し「子どもやお年寄りが元気に暮らせる仙台にしたい」と語った。

郡氏は衆院議員を4期務めた経験をアピール。市内で相次いだいじめ自殺を踏まえた教育改革を掲げ「日本のモデルとなる都市をつくりたい」と訴えた。

林氏は「人口減少問題を抱える中、子どもたちの未来のために市の財政の在り方を変える」と主張。大久保氏は「復興と行財政改革を進め『市民のための市役所』に生まれ変わらせる」と支持を求めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。