衰えた政治の復元力、共通利益かすみ不協和音
日韓50年・上

2015/6/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1965年に日本と韓国が国交を正常化する基本条約に署名してから22日で50年。葛藤を抱えながら未来志向を探る日韓関係はどこへ向かうのか。

■「非難受けても」

62年11月、都内の外務省大臣室。「どんな非難を受けても2人で解決しましょう」。後に韓国の大統領に就く朴正熙(パク・チョンヒ)国家再建最高会議議長の密使、金鍾泌(キム・ジョンピル)中央情報部長が大平正芳外相に迫った。大平氏は「貴国の未来に向か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]