福島知事選告示、6新人が届け出

2014/10/9付
保存
共有
印刷
その他

福島県知事選が告示され、立候補者の演説を聞く有権者ら(9日、福島市)=共同

福島県知事選が告示され、立候補者の演説を聞く有権者ら(9日、福島市)=共同

任期満了に伴う福島県知事選が9日告示され、午前中に無所属新人の6人が立候補を届け出た。東京電力福島第1原子力発電所事故後初めての知事選で、従来の復興政策を継続するかどうかが争点。自民、民主両党など主要政党は引退を表明した佐藤雄平知事の後継となる前副知事を相乗りで支援する。26日に投開票される。

県内では現在も12万6千人が避難し、復興は道半ば。選挙戦では被災者の生活再建や産業振興、国の原発政策などを巡り論戦が繰り広げられる。

自民党は当初、県連が元日銀福島支店長を擁立しようとしたが、党本部が「全県的な支持を得られない」と反対したため断念。最終的に前副知事の擁立を決めた。

◇立候補者(届け出順)

内堀 雅雄(50) 前副知事   無新

井戸川克隆(68) 前双葉町長  無新

五十嵐義隆(36) 牧師     無新

熊坂 義裕(62) 前宮古市長  無新

伊関 明子(59) コンビニ店長 無新

金子 芳尚(58) 会社役員   無新

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]