/

都民ファーストの会、都議選に元警視総監の息子擁立

東京都の小池百合子知事が実質的に率いる地域政党「都民ファーストの会」は8日、7月の都議選に元警視総監で現ミャンマー大使の樋口建史氏の息子、高顕氏を擁立すると決めた。自民党都連前幹事長で引退を表明した内田茂都議の地元、千代田区から出馬する。同会は高顕氏を含む3人を第4次公認候補として発表し、候補者は合計15人となった。いずれも小池氏が塾長を務める政治塾「希望の塾」の塾生。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン