首相、中国けん制 G7サミット アジア投資銀で欧州勢にクギ

2015/6/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【エルマウ(ドイツ南部)=佐藤理】7日開幕した主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)で、安倍晋三首相は今後5年間で1100億ドルに上る「質の高いインフラ投資」をする政府方針を説明した。中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への対抗策だ。南シナ海での中国の岩礁埋め立てと並べてAIIBを問題視。安全保障と経済の両面で中国をけん制する姿勢を鮮明にした。

サミット初日は世界経済やG7の価値観な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]