首相「人口減対策にロボット活用を」 国際会議で意欲

2014/10/5 18:39
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は5日、京都市で開かれた科学技術関連の国際会議に出席し、人口減少対策としてロボットなど先端技術の活用に意欲を示した。「介護や農業、サービス産業の効率化、災害対策にロボットをもっと使えばいい。日本をイノベーションで課題を解決に導く世界のフロントランナーにしたい」と強調した。

首相は水素を動力源とする燃料電池車(FCV)の普及を進める考えも表明。全省庁の公用車に導入するほか、個人向けの補助金制度も始めると語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]