韓国の新駐日大使「日韓、未来志向であるべき」

2016/7/4 19:15
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=峯岸博】韓国の李俊揆(イ・ジュンギュ)新駐日大使は4日、日本メディアと懇談し、日韓関係に関し「日本の植民地支配の不幸な歴史から派生する多くの問題があるが、未来志向であるべきだ」と述べた。「日本の国民に親しみをもたれ愛される大使となるよう最善を尽くす」とも語った。週内赴任の予定。

日韓の経済関係に関しては「韓国の経済発展に日本がたくさん貢献したのも事実」とする一方で「貿易や投資の可能性や潜在力を考えるとかなり不足している」と指摘。経済界を含め日本の各界各層と幅広く交流し「両国の経済活力を取り戻すために積極的な役割をしていきたい」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]