食品などのハラル認証 政府、イスラム開拓へ実態調査

2014/8/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はイスラム系の来日外国人の増加に伴い、イスラム教の戒律に沿った食品などに与える「ハラル」認証の実態調査に乗りだす。国内の飲食店が提供する食品が、イスラム教徒(ムスリム)が飲食できる基準に合格しているかを厳格に調査する。農産物などのイスラム国家への輸出拡大もにらみ、日本のハラル認証の信頼性を高めることを目指す。

内閣官房に経済産業省や外務省、農林水産省、観光庁などで構成する「ハラル対応チーム」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]