/

官房長官「事実なら同盟国として遺憾」 NSAの盗聴疑惑

菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、米国家安全保障局(NSA)が政府要人らの電話を盗聴していたと内部告発サイト「ウィキリークス」が伝えたことを受け、「仮に事実ならば同盟国として極めて遺憾だ」と強調した。政府は米国に事実関係を確認したうえで抗議する方針だ。菅長官は「クラッパー米国家情報長官と連絡を取り合い、事実関係の確認を強く求めている」と述べた。

ウィキリークスが公開した文書によると、NSAによる盗聴には日本の内閣や日本銀行、財務省などの幹部が含まれる。文書では×印で一部を伏せた電話番号も公開された。菅長官は政府内の機密情報の取り扱いについて「万全の態勢で情報漏れがないよう進めている。機密は全く漏洩していない」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン