/

この記事は会員限定です

米軍オスプレイ整備、木更津駐屯地で 防衛省方針

[有料会員限定]

防衛省は2015年に、米海兵隊が普天間基地(沖縄県宜野湾市)に配備している垂直離着陸輸送機オスプレイの整備拠点を陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に設ける方針だ。導入を予定している陸自オスプレイの整備も担う日米共同の拠点とし、整備コストの抑制を目指す。

防衛省によると、オスプレイは5、6年に1度、分解を伴う定期整備が欠かせない。米軍が普天間に配備している24機のオスプレイは15年から順次、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン