/

この記事は会員限定です

首相判断、サミット節目 消費増税先送りと衆参同日選

[有料会員限定]

2016年度予算案が1日に衆院を通過し、月内成立が確定した。安倍政権は今後、先行き不透明な経済への対応に全力を挙げる。17年4月に予定される消費増税の先送りと、それにあわせた衆参同日選が取り沙汰されるなか、安倍晋三首相はどんな判断を下すのか。節目は5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前にもやってくる。

「サミットは世界経済が最大のテーマ。持続的で力強い成長に貢献したい」。衆院通過後、首相は記者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン