/

この記事は会員限定です

アドバンテッジ、600億円の買収ファンド

[有料会員限定]

アドバンテッジパートナーズ(AP、東京・港)が、600億円の買収ファンドを組成した。主に中小企業を買収して経営を支援し、企業価値を高めた後に高値で売却する。ファンドの運用期間は10年間で、事業承継や大企業からのスピンアウト案件を中心に投資をしていく。

APにとっては5本目となる。投資対象は1件あたり数十億円が中心となる見込みで、合計すると十数件に投資していく計画だ。中心となるのが創業者などからの事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン