/

この記事は会員限定です

北朝鮮、G7の警告無視 ミサイルの多種化進める

[有料会員限定]

【ソウル=峯岸博】北朝鮮が29日、弾道ミサイルを再び発射した。主要7カ国(G7)が首脳宣言で「新たな段階の脅威」と核・ミサイル計画の完全放棄を迫ったばかりだが、その警告を無視するように日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下させた。ミサイル発射は2017年に9回、12発を数える。射程・精度・機動性の技術向上を誇示し、日米中の包囲網を揺さぶっている。

「緊迫した朝鮮半島情勢を最悪の爆発の境界に追いこむ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン