サムスン、中国に1兆円投資 最先端半導体首位固め

2017/5/29 21:11
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子は最先端の半導体メモリーを手掛ける中国の工場に約1兆円を投資し、2019年をメドに同工場の生産能力を現在の2倍に引き上げる。東芝がメモリー子会社の売却に手間取るなか、中国を韓国と並ぶ最先端品の量産拠点に育てシェア首位を固める。

内陸部の西安工場(陝西省)にスマートフォン(スマホ)などで画像や文書を記憶するNAND型フラッシュメモリーの第2ラインを設ける。第1ラインと合わせた月産の生産能力はシリコンウエハー換算で計22万枚と倍増する。年内に着工し、

19年までに10兆ウォン(約1兆円)程度を投じる。

フラッシュメモリーはスマホ用の大容量化に加えデータセンター向けの引き合いが強く、指標品の大口価格は1個3ドル弱と1年前に比べ5割以上高い。東芝メモリに多数の企業が買収を持ち掛けるのも足元の高価格に加え、中期的な市場の伸びを見込んでいるためだ。

韓国では「東芝が揺らぐ今が攻勢をかける好機」(証券アナリスト)との声も漏れる。サムスンはDRAMや液晶パネルでも日本勢の投資が滞った時期に大型投資を重ねてシェアを引き上げた。

西安工場は記憶素子を重ね耐久性や消費電力の低さに強みがある3次元技術を使う。需要に見合う量が市場に供給されておらずサムスンは投資効果が大きいと判断した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]