/

この記事は会員限定です

仮想通貨、ルール整備へ課題なお 業界団体の認定焦点

[有料会員限定]

仮想通貨取引所の第1陣の登録が決まり、自主規制づくりなどを担う業界団体の認定に焦点が移る。仮想通貨に監視の網がかかるとはいえ、目まぐるしい情勢の変化に厳しい法令で対応するのには限界もある。法整備と柔軟な自主規制の組み合わせが健全な市場発展に欠かせないが、業界側は一枚岩ではない。

仮想通貨をめぐる業界団体は主に2つある。取引所最大手のビットフライヤー(東京・港)が主導する「日本ブロックチェーン協会(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン