/

ブロックチェーン技術の米社、東京に拠点

ブロックチェーン(分散型台帳)技術を手掛ける米新興企業ビットフューリーは27日、東京に拠点を開設したと発表した。アジアでは香港に次ぐ2つ目の拠点となる。同社は成長の期待できるアジア市場を重視しており、拠点開設を機に日本での事業を強化する。政府や地方自治体のほか、金融機関など民間との協業の可能性も探る。

同社は2011年に創設。ブロックチェーン技術のほか、仮想通貨のマイニング(採掘)技術なども手掛ける。サーバーなどのハードとソフトの両方を組み合わせた包括的なサービスに強みがある。日本でもブロックチェーン技術の提供を通じて、企業や政府との連携を進める狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン