/

この記事は会員限定です

医療関連に新サービス 凸版はギフトカード、曖昧規制解消で

[有料会員限定]

規制の曖昧な部分を明確にする政府の仕組みを活用し、企業が医療・健康に関連した新たな事業を始める動きが出てきた。薬局を訪れた外国人に電話で通訳が薬を説明したり、健康診断費用の決済に使えるカードを発行したりする新サービスが春以降に次々と登場する見通しだ。政府は異業種やベンチャー企業の参入を後押しすることで、保険適用外の健康関連市場を2020年に今の2.5倍の10兆円まで広げることを目指す。

企業が活用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン