/

中国・吉利汽車、プロトン株の49%取得へ

【シンガポール=中野貴司】マレーシアの自動車大手、プロトン・ホールディングスが中国の吉利汽車から資本支援を受ける見通しとなった。現地紙などの報道によると、吉利はプロトンの親会社であるマレーシアの複合企業、DRBハイコムから株式の49%を取得する。DRBが24日午後にも発表する。

プロトンは外資の出資を受けることを条件に、マレーシア政府から支援を受けており、吉利やフランスの自動車大手グループPSA(旧プジョーシトロエングループ)などと交渉を進めていた。吉利を新たなパートナーに迎えて経営再建を目指すが、販売は低迷しており、再建の成否は不透明だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン