/

対北朝鮮で緊密な協力を確認 日韓外相会談

【ソウル=峯岸博】河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は米ニューヨークで22日、会談した。韓国外務省の23日の説明によると、両外相は北朝鮮の核・ミサイル問題への国際社会の対応では、日韓両国と米国を交えた3カ国の緊密な協力が重要だとの認識で一致した。

河野氏は、日本で年内に予定する日中韓首脳会談が早期に開催され、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と康氏の訪日が実現するのを希望すると伝えた。康氏は、外務次官級の日韓ハイレベル経済協議の再開への期待を表明。両国の協力分野として若者の雇用創出や両国企業による第三国共同進出、第4次産業革命などを挙げた。両外相は日韓関係の着実な発展のためともに努力していくと申し合わせた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン