/

この記事は会員限定です

トヨタ、素材開発にAI シリコンバレー拠点、軽量化で活用

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】トヨタ自動車はシリコンバレーの人工知能(AI)開発拠点で新素材の開発にAIを活用する研究を始めた。蓄電池に使う部材や触媒といった自動車の軽量化につながる素材開発につなげる。同拠点ではトップ級のAI研究者を集めており、材料分野にもAI関連の技術を応用して開発加速に役立てる。

シリコンバレーにある開発拠点「トヨタ・リサーチ・インスティチュート(TRI)」では、主に自動運転やロボットの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン