/

マイクロソフト、「つながる車」でトヨタに特許提供

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米マイクロソフト(MS)は22日、「つながる車」の開発でトヨタ自動車に特許を提供することで合意したと発表した。MSは自動車会社や部品メーカー向けに新たな特許提供プログラムを始めており、トヨタを最初の相手に選んだ。

MSとトヨタは2011年からクラウドで提携関係にあり、車から集めたデータを保管・分析する共同出資会社も設立している。特許の利用でさらに関係を深めようとしている。

2020年までにネットに接続可能な「つながる車」の数は2億5千万台に達するとみられている。莫大なデータ量を処理する必要があり、自動車会社単独では対応が難しい。IT(情報技術)企業との連携強化が不可欠な状況になっている。

MSはセンサー、通信機器などのデータ処理、音声認識、セキュリティーなどで広範な特許を保有している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン