GW予約、国際線7%増 国内線はLCC押し上げ

2017/4/21 20:21
共有
保存
印刷
その他

 日本の航空各社は21日、ゴールデンウイーク(28日~5月7日)の予約状況を発表した。国際線の予約者数は前年同期比7.1%増の約60万8千人だった。日並びの良さから欧州方面など長距離線の好調ぶりが目立つ。国内線は11.1%増の269万9千人。格安航空会社(LCC)の割安な航空券が国内やアジアなど近場の海外旅行の需要を押し上げている。

 国際線は全日本空輸が7.7%増と伸びた。特に欧州方面が24.9%増と急伸した。5月1日と2日に休暇をとれば最大9連休を見込める日並びの良さが追い風になり、ホノルルなどの長距離線も堅調だ。日本航空の国際線全体は0.3%増とほぼ横ばい。日本人による欧州やグアムへの渡航が好調なほか、現地でも連休がある韓国からの訪日客が多い。

 関西国際空港の4月28日~5月7日の国際線旅客数は52万1600人となる見込み。1日平均では5万2100人と前年比7%増え、過去最高を更新する見通しだ。

 ピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパンなどLCCも市場に浸透、需要を下支えしている。日系LCC4社の国際線の提供座席数は16.3%増の13万7千席で、市場全体の2割弱を占める。台湾や香港、韓国など近場の海外旅行により多くの人が出かけるようになっている。

 国内線はANA、JALともに12%増えた。昨年、熊本地震で旅行者が減った九州方面が復調したほか、北海道や沖縄なども増加。新幹線など他の交通機関と競合する関西方面も予約率が改善した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 10:29
2:00
東北 2:00
2:00
関東 18:16
16:18
東京 2:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 14:00
7:00
北陸 9:46
2:00
関西 17:00
13:30
中国 2:00
2:00
四国 11:30
2:00
九州
沖縄
12:26
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報