/

タカタ・エアバッグ集団訴訟、トヨタなど4社が和解

【シリコンバレー=兼松雄一郎】トヨタ自動車SUBARU(スバル)、マツダ、独BMWの4社は18日、タカタの欠陥エアバッグ問題を巡る集団訴訟で、原告の車の所有者らと計5億5300万ドル(約610億円)を支払うことで和解したと発表した。米連邦地裁が承認手続きに入る。リコール(回収・無償修理)の台数が最も多いホンダ日産自動車、米フォード・モーターとの訴訟は継続している。

和解金はリコールの修理で一時的に車が使えなくなったり、レンタカーを利用したりした際の補償として支払う。特に危険性の高い車種についてはメーカーが無料のレンタカーを用意する。今回の和解はタカタのエアバッグを採用した約1580万台が対象。

タカタのリコールは米史上最大の約4200万台が対象となっている。問題の欠陥エアバッグは風船を膨らませるためのガス発生装置が異常爆発し、金属の部品片が飛び散って人を傷つける恐れがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン