/

エアベルリンが破産申請 独航空2位、経営再建断念

【ベルリン=石川潤】経営再建中の独航空2位エアベルリンが15日、破産手続きを申請した。主要株主であるアラブ首長国連邦国営のエティハド航空による金融支援が打ち切られ、再建の道筋が立たなくなった。独最大手のルフトハンザなどとの売却交渉は続けられる見通しだ。

エアベルリンはルフトハンザグループに航空機をリースするなど、経営再建を進めてきた。ドイツ政府は同日、混乱を最小限に抑えるために、短期的な資金支援を実施する方針を明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン